KENスクール
KENスクール
28年の実績。未経験者に人気!

開校28年の実績で、未経験者をプロに育てる元祖『個別指導』のPCスクールです。PCの資格からWeb、プログラミング、ネットワークまで学べます。

プログラミングとは、プログラミング言語を用いてパソコンやスマートフォンを操作するようなシステム開発を行うことです。

わかりやすく言うと、パソコンで使うソフトウェアやスマートフォンで使うアプリなどを作成する仕事で、プログラマーといった専門技能として認められています。

今やパソコンやスマートフォンを用いてインターネットに接続できる環境にある人は、ほぼ100%に近い割合になっている時代です。

誰もが簡単に機器を使いこなし、生活になくてはならない存在となっている時代だからこそ、プログラミングやアプリ制作を副業としてお金を稼ぐことが一般的になっています。

プログラマーとして現在本職を持っているという人に限らず、パソコンが得意だけどプログラミングはしたことがないという人にも参考にしていただけるよう、プログラミング・アプリ制作の副業について、詳しくご説明いたします。

プログラミング

始めるためには

必要な能力・技術とは?

プログラミングできる能力が必要です。具体的には、アプリやソフトを開発できるほどの能力があると理想的ですが、基礎知識や断片的な知識があれば学習を重ねることで習熟し収入につながる副業を行うことができ、かつ副業方法によっては基礎知識だけでも可能なものもあるでしょう。

具体的な能力としては、プログラミング言語と呼ばれるコード入力方法を習得しておくことですが、Webページを制作する際に必要なHTMLをある程度把握した上で、JavaScript・PHPをまず把握することがおすすめです。

この2つを知ると、通販サイトでよく見るようなショッピングカートなど動的な動きを作り上げることができます。その上で、C言語系(C・C++・C#・Java)を引き続き学ぶことで、プログラミングできる世界は広がります。

また、スマートフォンのアプリ制作をする場合は、iPhoneアプリはObjective-C、AndroidアプリはJavaの知識が必要で、SQL・Xcodeの知識もあると良いでしょう。

これらすべての言語をマスターする必要はありませんが、自分はこの言語ができるという強みを持つと仕事につながりやすくなります。

プログラミングを副業とするための方法としては、大きくは2つに分けられます。

企業などからプログラミングの依頼を請け負う

いわゆる「外注」としてプログラミングを行います。企業がソフトやアプリなどを制作するにあたって、外注として制作依頼を出したものを請け負う形なので、クライアントの意向に沿った制作を行うことが前提です。そのため、希望や意向に100%沿える能力とプロフェッショナルな技術が必要不可欠です。

制作・開発・販売をすべて自分で行う

企業から請け負うのではなく、ユーザーに求められているアプリやソフトウェアを自分で開発する方法です。この場合は、プログラミング言語の知識は制作しながら習得することも人によっては可能でしょう。大切なことは、ユーザーにどんなソフトやアプリが求められているかを把握する能力です。

必要なもの、初期投資

初期投資や必要な物品は、パソコン、インターネット接続環境です。最近ではパソコンを持たずにある程度のことをスマートフォンでできるようになってきましたが、プログラミングについては大量のソースコードを入力する必要があるため、パソコンは必須です。

また、パソコン、インターネット環境ともにあまりに格安の場合は、快適な開発環境とはいえずうまく開発が進まない可能性があります。メモリや空きハードディスク容量、プロセッサなどのパソコンスペック、インターネット接続スピードなどを確認しておくと安心です。

加えて、アプリやソフトウェアに、自分で描いたイラストやアニメを搭載する場合はイラスト作成ツールも必要です。ストーリーゲームアプリなどの場合はイラストやアニメは必須と言えます。

その他の条件

企業から仕事を請け負う場合はリクエストに沿った再現力と正確さ、納期を守ることも重要です。自分で開発し販売する場合は、アイデアが命です。どのようなアプリやソフトがユーザーに必要とされているか見極めた上でアイデアが重要となります。

ヒューマンアカデミーWeb講座
ヒューマンアカデミーWeb講座
42,590以上の修了生!ゼロからでも実務スキルへ

パソコン初心者からでも異業種から転職できるほどの実務スキルが身に付きます!フリータイム受講制、オンデマンドなど授業スタイルが選べます。

仕事内容を徹底解剖!

仕事を請負うのか、個人で行うのかによって業務内容も違いが出ますのでタイプ別に詳しく解説していきます。

企業からプログラミング作業を請け負う場合

企業からプログラミング業務を委託される場合、「こういうことがしたいから作って」あるいは「チームで開発を行っているので手伝って」という2つのケースがあります。

「こういうことがしたいから作って」と言われて行う開発は、クライアントの意向に沿って開発対象の範囲を決定し、どのような機能が必要でどう使われるのかといった要件定義書を作成し、外部・内部設計を行いプログラム作成に移ります。

そして、納品前にはテストを行いプログラムに問題がないかどうかを確認し、本稼働させるところまでを担当することとなります。

プログラミングでできることを知らないクライアントの場合は、このようなフェーズを理解せずに依頼することもあるため、プログラミング技術そのものよりも、要件定義書の作成自体に時間を要することもありますし、そもそも要件定義書さえ必要のない軽微なプログラミング依頼もあります。

「チームで開発を行っているので手伝って」という場合は、案件ごとに人数を割り振っているものの人数が足りないので部分的にお手伝いするといった形式です。ただし、こちらの場合は発注元である客先に出向き作業を行う常駐業務が多く、副業として休みの日のみの稼働というのは難しいかもしれません。

システム開発は、1日2日で終わるようなものは少なく、ある程度の期間と人数をかけて取り組む必要があるため、副業として企業から受注を受けて仕事をする場合は能力と技術をつけ、自分自身で開発完了までのを担う仕事を獲得する方が現実的でしょう。

制作・開発・販売をすべて自分で行う

企業から発注をうけてプログラミングを行うのではなく、何をどのように作るかの段階からすべて自分で行う場合は、さらに自由度は広がりますがその分どのように収益を得るのかが重要となります。

どう収益を得るかについて、2つの手段があります。

アプリやソフトウェアを有料で販売する

作成するアプリやソフトウェアに値段をつけて販売することで、収入を得るのが1つ目の方法です。

スマートフォン向けアプリについては、iPhoneアプリとAndroidアプリの2種類がありますが、開発言語が異なるためそれぞれ別々に作成します。気を付けておきたいことは、iPhoneアプリの販売にあたっては、AppStoreやGoogle Playストアで販売するために煩雑な手続きが必要なことです。

プログラム環境を購入(有料)しダウンロードした上で適切な手続きを行うのですが、郵送での手続きも含まれるため、インターネットで検索すると数多くの人がiPhoneアプリの販売に相当な苦労をされていることがわかります。そのため、Androidアプリの方が販売まで比較的スムーズにいくといった意見も見られます。

広告収入

アプリやソフトウェア内にアフィリエイト広告などを仕込み、クリックしてもらうことで収益を発生させる方法です。アプリやソフトウェア自体は無料でも、使い続けてもらうことでコツコツと収益が発生します。

収益を得る方法をご説明しましたが、有料で販売するか、広告収入として収益を得るか、あるいはそのいずれかとなります。

スマートフォンやパソコンにダウンロードするものは、ウィルスや良からぬものでは?と警戒され、見知らぬHPで公開していてもなかなかダウンロードされないため、売り場や安全にダウンロードできるページの確保はマストです。

収益を得る方法が決まった後に、ようやくどんなものを作るかということを考えます。すでにあるものと同じものではユーザーは興味を持たないですし、必要とするユーザーがいなければダウンロードされません。

誰がどう使えば便利か、あるいは楽しいかといったアイデアが勝負です。自分のプログラミング技術の程度と合わせて、どのようなものを作るかを考えて実現していきましょう。

副業:プログラミング(アプリ)制作の将来性

パソコンやスマートフォンの普及率は100%にますます近づきつつあり、より便利に楽しく過ごすためのアプリやソフトウェアについても、同様に認知度や普及度も絶大です。

特にスマートフォンについては、『朝起きてから夜眠るまで』手に持っている、他にはない媒体として大企業も大きく注目しているほどです。

プログラミング技術を生かすのであれば、パソコンよりもスマートフォンにターゲットを絞っても良いかもしれませんし、着実なユーザーがいるパソコンでも構いません。いずれの市場性も安定し、これからも伸びていくことが予想されています。

いくら稼げる?費用は?

売上

企業からの依頼で1から作成する場合

50,000円~

システム開発やWeb開発は専門技術とされているので最低金額は高めです。大規模開発の場合は、100万円単位で受注することも夢ではありません。

【チームに参加して部分的に業務を請け負う場合】
1日10,000円~

稼働日数や業務内容によって大きく変わります。

自分で考えたアイデアに沿ってアプリを販売する場合

1本200円で販売したものが1万件ダウンロードされれば、手数料を引かれた収入は130万円~150万円程度。

単価が高ければ収入はさらに増え、ダウンロード数が増えればもちろんさらに増えます。一番の魅力は一度作成すればそのままほったらかしにしていても儲かる、という点です。逆に万が一誰からも見向きもされず、ダウンロード数が0の場合は収入も0円という厳しい世界です。

自分で考えたアイデアに沿って広告収入を得る場合

1クリック0.2円~0.3円

スマートフォンの広告は、1クリックされると報酬が発生するクリック報酬型がメインです。ダウンロード数やアプリの利用者数が増えれば増えるほどクリックされる確率も高くなります。こちらも1度アプリを作成すれば、ほったらかしにしていても儲かるのが魅力です。

費用

パソコンでプログラミングする時間に応じて電気代がかかります。また、アプリ販売についてAppStoreやGoogle Playストアで販売を行う場合は、初期登録費用や販売ごとに手数料がかかる場合があります。

おすすめサイトは?

ランサーズ

http://www.lancers.jp/
在宅でできるプログラミングやシステム開発の仕事を検索できます。安くても5,000円からの高単価案件ばかりです。

クラウドワークス

http://crowdworks.jp/
在宅でできるプログラミングやシステム開発の仕事を検索できます。サイトがまとまっていてやりたい仕事が探しやすいのが特徴。

AppStore

https://itunes.apple.com/jp/genre/ios/id36?mt=8
iPhone向けアプリの一覧ページ

Google Playストア

https://play.google.com/store/apps?hl=ja
Android向けアプリの一覧ページ

似ている副業は?

アプリテストの副業

販売前のアプリをテストしその結果を報告する仕事です。指定されたアプリを利用し、その後感想やアンケートを記入、撮影を行うなどを行うことで報酬が発生します。アプリテスト会社に登録し、仕事へ応募することで請け負うことができます。

スキルを身につけるためのスクール

KENスクール
KENスクール
28年の実績。未経験者に人気!

開校28年の実績で、未経験者をプロに育てる元祖『個別指導』のPCスクールです。PCの資格からWeb、プログラミング、ネットワークまで学べます。


ヒューマンアカデミーWeb講座
ヒューマンアカデミーWeb講座
42,590以上の修了生!ゼロからでも実務スキルへ

パソコン初心者からでも異業種から転職できるほどの実務スキルが身に付きます!フリータイム受講制、オンデマンドなど授業スタイルが選べます。