常陽銀行の住宅ローン一覧

新規借入・借り換え:両方対応

  • 常陽住宅ローン(金利選択型):常陽銀行の主力商品
  • ロング・エスコート:色々な特典がついた女性専用の住宅ローン
  • 残価保証型居住プラン「ゆとりライフ」:移住・住みかえ支援機構によるマイホーム借上げ制度の最低家賃保証額を利用して、将来の住宅ローン負担を軽減することを目的とした住宅ローン
  • リフォームローン(無担保):無担保で1000万円まで利用できます

新規借入専用

  • リフォームローン(有担保):リフォーム資金に特化した有担保の住宅ローン

『常陽銀行住宅ローン(金利選択型)』新規借入・借り換え両方対応

常陽銀行住宅ローン
  • 多様な金利プランの中から選択可能。金利優遇制度も充実。
  • 団信の保障内容も色々な特約の中から選択
  • 親子リレーローンも利用できます
  • 借入種別:新規借入・借り換え
  • 融資額:最大1億円(10万円単位)で、所要資金の100%まで
  • 融資期間:1年~35年の間で、1年単位(自宅新築・新規購入の場合には、最長1年間元金据え置きとすることができます)

利用できる人

年齢

20歳~66歳未満で、完済時年齢が80歳未満の人

特約付の団体信用生命保険を利用する場合は、団体信用生命保険の条件によります。
利用できるエリア

茨城県全域、東京都・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・福島県・宮城県の一部地域

その他
  • 安定した収入がある人
  • 常陽信用保証㈱の保証が受けられる人
  • 団体信用生命保険に加入できる人

資金使途

  • 住宅の新築資金
  • 住宅を建築するための土地購入資金
  • 土地付き住宅・マンションの購入資金(新築・中古)
  • 上記に併せて必要となるインテリア・エクステリア・住宅設備等の購入資金、火災保険料、保証料等
増改築資金は対象外のため、リフォームローンでの対応となります。

金利

全期間固定金利・期間指定の固定金利・変動金利から選択できます。

全期間固定金利

借入時点の金利で全期間固定金利が適用されます。
※金利引き下げプランに該当する場合のみ利用できます。

期間指定の固定金利

3年・5年・10年・15年の中から、固定金利の適用期間を選択できます。

適用期間が満了した後は再度固定金利・変動金利を選択
選択しなかった場合には変動金利が適用
変動金利

常陽銀行が定める住宅ローン基準金利を基準として、金利が変動します。

金利の見直しは毎年2回(4月・10月の各1日)行われ、2か月後の返済日以降に適用されます。

利率変動があっても5年間は返済額の変更はない(元金・利息の割合が変動)
返済額見直し時に返済額が増額になる場合でも旧返済額の1.25倍が上限
ミックスプラン

変動金利・期間指定の固定金利・全期間固定金利のうち、2種類を組み合わせて利用することができます。

保証料の支払い方法や団体信用生命保険の特約を組み合わせて利用することは出来ません。

金利引き下げプラン(全期間重視プラン)

下記の取引があるもしくは住宅ローンと同時契約を条件として、融資期間中、一定割合の金利優遇が受けられるプランです。

  • 給与振込
  • 指定のクレジットカード契約
  • 指定のカードローン契約
  • 常陽ダイレクトバンキング

返済方法

毎月の元利均等返済となります。

なお、融資額の50%を上限として、ボーナス返済を併用できます。

返済日は毎月1~26日の間で利用者が指定することができ、ボーナス返済月も6・12月、1・7月、2・8月の中から選択することができます。

親子リレー型住宅ローン

親子リレー型住宅ローンを利用することで、親の年齢がある程度高齢である場合にも、最長35年のローンが利用でき、無理のない返済計画が立てることができます。

以下の条件に該当する必要があります。

  • 親子ともに安定・継続した収入がある
  • 子供の年齢が借入時点で20歳以上、完済時点で80歳未満である
  • 原則、親子ともに団体信用生命保険に加入できる
  • 親子で同居しているか、将来同居を予定している

担保

融資対象物件の土地・建物に原則として第一順位の抵当権を設定されます。

※住宅建築資金のみ利用する場合にも、土地への抵当権設定が必要です。

保証人

常陽信用保証㈱の保証を受けるため、原則保証人は不要です。

保証料

保証料は一括払いと分割払いが選択できます。

適用される保証料率は、常陽銀行・常陽信用保証㈱の審査結果により異なります。

また、保証料の他に取扱手数料32,400円(税込)が必要です。

一括払い

融資実行時に保証料(0.2~0.4%相当額)を一括で支払う方法です。

なお、全額繰上返済・一部繰上返済の場合には、再度保証料を計算した上で差額から保証料清算手数料5,142円(税込)を差し引いた金額が返金されます。

例:保証料率0.2% 融資金額100万円あたり
期間5年 10年 15年 20年 25年 30年 35年
4,580円 8,544円 11,982円 14,834円 17,254円 19,137円 20,601円
分割払い

融資期間中、利率に0.2%~0.4%を上乗せして支払います。

手数料(税込)

繰上返済手数料
繰上げ返済額 手数料
100万円未満  6,480円
100万円以上1000万円未満 32,400円
1000万円以上 54,000円

変動金利期間中は当初借入日から7年以内に繰上返済する場合に限り、6,480円が必要となります。

なお、インターネットバンキングから行う一部繰上返済の場合は手数料は無料です。
固定金利選択手数料

借入期間中に固定金利を選択する際6,480円が必要です。

当初借り入れ時に固定金利を選択する場合には不要です。

その他特典

  • 常陽銀行のATM時間外手数料が無料
  • コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料
  • 住宅ローンの利用+給与振込か常陽銀行発行のクレジットカード取引がある場合
  • 旅行やグルメなどが最大90%オフになる「Club Off for ハッピーエブリデー」が利用可能
  • 常陽銀行のマイカーローン・教育ローン・リフォームローンの金利優遇制度

融資までの流れ

事前審査申込(店頭・インターネット)

事前審査結果通知(最短で申込当日、内容によっては3~5営業日で、電話・メール・郵送で回答)

正式申込(店舗・ローンプラザ)

審査結果通知(5~10営業日で回答)

契約手続き

融資実行

という流れとなります。

必要書類

事前審査時の必要書類

書類は必須ではありませんが、以下のような書類を持参すると手続きがスムースに進みます。

  • 源泉徴収票や給与明細コピー
  • 購入予定物件のチラシ・図面・見積書等
本審査時の必要書類
  • 印鑑証明書3通(発行後3か月以内)
  • 健康保険証
  • 住民票謄本(発行後3か月以内、家族全員が載っているもの)
  • 所得証明書(給与収入の人・個人事業主の人)
  • 確定申告書2期分(個人事業主の人、税務署受付印が必要です)
  • 源泉徴収票(給与収入の人、会社員が押印されているものが必要です)
  • 会社決算書1期分(会社役員の人)
  • 資金使途確認資料:工事請負契約書・売買契約書・重要事項説明書・物件パンフレット
  • 土地・建物の登記簿謄本・公図・測量図(発行後1か月以内)
  • 建物配置図・平面図・間取り図
  • 建築確認通知書

問い合わせ方法

ローンプラザ

住宅ローン専用窓口となる「ローンプラザ」を、茨城県内および東京・埼玉・千葉・栃木・福島に計19ヶ所開設しており、土日も含めて住宅ローンの相談・申し込みが出来ます。

店舗

常陽銀行の本支店窓口において、相談が出来ます。

各支店の営業時間内での対応となります。

インターネット

インターネット経由で住宅ローンの仮審査申込が出来ます。

特定の地域(水戸市・龍ケ崎市・牛久市・つくば市)に居住している人であれば、購入物件が決まる前でも、仮審査を受けることが出来ます。

 

公式サイトはこちら

 

『常陽銀行住宅ローン(金利選択型)』借り換えの場合

住宅ローン借り換え

新規借入との違いは以下の通りです。

融資期間

「35年-借り換え対象融資の返済経過期間」以内(6か月単位)となります。

資金使途

常陽銀行以外の住宅関連融資の借換資金が対象となります。

必要書類

資金使途確認資料として、利用中の住宅ローン残高および返済が確認できる書類(残高証明書・返済予定表・引落口座の通帳等)が必要となります。

『女性専用ローン「ロング・エスコート」』新規借入・借り換え両方対応

  • 借入種別:新規借入・借り換え
  • 融資額:最大1億円(10万円単位)で、所要資金の100%まで
  • 融資期間:1年~35年の間で、1年単位
  • 自宅新築・新規購入の場合には、最長1年間元金据え置きとすることができます。借換の場合には、「35年-借り換え対象融資の返済経過期間」以内(6か月単位)が上限です。

通常の住宅ローンに、繰上返済手数料無料などの特典が付いた、女性専用住宅ローンです。
常陽住宅ローン(金利選択型)との違いは以下の通りです。

返済方法

出産・育児休業の際に、元金返済据置を利用できます(最大1年間)。

手数料

繰上返済手数料は条件に関わらず無料となります。

その他

旅行・レジャーが最大90%オフで利用できる「Club Off for ロング・エスコート」を利用できます。

『残価保証型居住プラン「ゆとりライフ」』新規借入・借り換え両方対応

  • 借入種別:新規借入・借り換え
  • 融資額:最大1億円(10万円単位)で、所要資金の100%まで
  • 融資期間:1年~35年の間で、1年単位
  • 借換の場合には、「35年-借り換え対象融資の返済経過期間」以内(6か月単位)と35年以内(ただし完済時年齢80歳未満)の複数条件での対応

移住・住みかえ支援機構によるマイホーム借上げ制度の最低家賃保証額を利用して、将来の住宅ローン負担を軽減することを目的とした住宅ローンです。

常陽住宅ローン(金利選択型)との違いは以下の通りです。

このローンの仕組みの概要

  • 移住・住みかえ支援機構のマイホーム借上げ制度を利用
  • 最低家賃額の保証を受ける
  • さらに最低家賃保証額に合わせて適用金利・返済期間が異なるローンを組み合わせる

上記の方法で将来の住宅ローン負担を軽減する仕組みです。

ローンの組み合わせ例
  • ローン①:最低家賃保証額で支払いできる返済額になるような条件で、期間35年・全期間固定金利のローンを設定
  • ローン②:安定した収入が見込めるうち(定年等)に返済が終わる期間設定とし、変動金利のローンを設定

利用できる人

融資対象住宅が、移住・住みかえ支援機構の「移住・住みかえ支援適合住宅証明書(家賃定額保証型)」の発行を受けている

金利

変動金利と全期間固定金利のミックスプランとなります。

なお、変動金利部分については、後日期間指定の固定金利を指定することも可能です。

担保

抵当権のほか、移住・住みかえ支援機構の借上げ対象である住宅の賃料債権を将来債権譲渡担保として差し入れる必要があります。

『常陽リフォームローン(有担保扱)』新規借り入れ専用

  • 借入種別:新規借入
  • 融資額:10万円~2000万円以内(10万円単位)で、所要資金の100%まで
  • 融資期間:1年~35年の間で、1年単位

リフォーム専用の有担保での住宅ローンです。常陽住宅ローン(金利選択型)との違いは以下の通りです。

資金使途

以下のような、住宅リフォームに関する一切の資金に利用できます。

  • 増改築、改装、補修資金
  • 住宅建て替えに伴う取壊費用・引越費用
  • 塀、門扉、ガレージ、庭園、冷暖房設備などの整備に必要な資金
  • 保証費用、長期火災保険料
住宅の所有者は利用者もしくは利用者の同居の家族であることが必要です。

保証料

一括支払いと分割払いが選択できます。

一括払い

融資実行時に保証料(0.2%相当額)を一括で支払う方法です。

分割払い

融資期間中、利率に0.2%を上乗せして支払います。

『常陽リフォームローン(信用扱)』新規借入・借り換え両方対応

  • 借入種別:新規借入・借り換え
  • 融資額:10万円~1000万円以内(1万円単位)所要資金の100%まで
  • セディナ保証付の場合は1500万円まで
  • 融資期間:6か月~15年の間で、6か月単位(セディナ保証付の場合は20年まで)

無担保で1000万円まで利用できるリフォームローンです。

常陽住宅ローン(金利選択型)との違いは以下の通りです。

利用できる人

年齢

20歳~66歳未満で、完済時年齢が75歳未満の人

居住地

常陽銀行の営業地盤内(茨城県全域、東京・千葉・埼玉・栃木・福島・宮城の一部)で居住している人

その他
  • 居住年数が1年以上、または、勤務(営業)年数が3年以上の人
  • 前年度の税込年収が200万円以上の人

資金使途

以下のような、住宅リフォームに関する一切の資金に利用できます。

  • 増改築、改装、補修資金
  • 住宅建て替えに伴う取壊費用・引越費用
  • 塀、門扉、ガレージ、庭園、冷暖房設備などの整備に必要な資金
  • 太陽光発電システム等のエコリフォーム資金およびエコリフォーム資金の他行借換資金
住宅の所有者は利用者もしくは配偶者・父母・義父母名義(同居・別居問わず)であることが必要

金利

変動金利と期間指定の固定金利が利用できます。

下記の場合に金利が全期間優遇されます。

  • 資金使途の中に太陽光発電・エコウィル・エネファームの購入・設置が含まれている場合には、全期間一律で▲1.4%金利優遇
  • 金利引き下げプランの条件に該当する場合は▲1.0%
  • 返済比率が20%以下か所要資金に対する自己資金比率が20%以上の場合は▲0.2%

担保・保証

常陽信用保証㈱または㈱セディナの保証を受けるため、担保・保証人ともに原則不要です。(保証料は常陽銀行が負担)

常陽信用保証㈱による審査で否決となった場合に、㈱セディナで2次審査をします。

 

公式サイトはこちら

 

保険について

住宅ローン保険

団体信用生命保険

利用者が死亡・高度障害になったとき、ローン残高相当額が支払われる保険です。

保険料は常陽銀行が負担します。

また、保険料の一部を金利上乗せの形で負担することで、以下のように保障範囲が拡大する特約付の団体信用生命保険に加入することができます。

ガン保障(上乗せ金利+0.1%)
利用条件

20歳~45歳以下、完済時年齢80歳未満

どんな時に保険が支払われる?
  • 通常の死亡・高度障害
  • 保障開始日以降にガンに罹患したと医師により診断確定された時
  • 余命6ヶ月と診断された場合
三大疾病保障(上乗せ金利+0.2%)
利用条件

20歳~50歳以下で、完済時年齢が75歳未満

どんな時に保険が支払われる?
  • 通常の死亡・高度障害
  • 保障開始日以降に三大疾病(脳卒中・がん・急性心筋梗塞)により所定の状態となった場合
ライフサポート団信(上乗せ金利+0.2%)
利用条件

20歳~50歳以下、完済時年齢75歳未満の人

  • 三大疾病保障の同内容
  • 病気・ケガにより所定の就業不能状態が3か月超継続した場合に、毎月のローン返済額相当額
  • 上記の状態が12か月を超えて継続した場合にはローン残高相当額
8大疾病保障(上乗せ金利+0.1%)
利用条件

20歳~50歳以下で、完済時年齢が80歳未満

  • 通常の死亡・高度障害
  • 病気・ケガによる就業不能状態となった時にローン返済額相当額の保険金を最大12か月支払い
  • さらに8大疾病(脳卒中・急性心筋梗塞・ガン・糖尿病・高血圧症・慢性腎不全・慢性膵炎・肝硬変)による就業不能が12か月超継続した場合にはローン残高相当額の保険金
ワイド団信(上乗せ金利+0.3%)

通常の団体信用生命保険よりも引受基準が緩和された団体信用生命保険です。

糖尿病・高血圧症・肝機能障害等で従前は加入出来なかった人には加入できる可能性があります。

利用条件

20歳~50歳以下で、完済時年齢が80歳未満

  • 通常の団体信用生命保険の保障内容
  • リビングニーズ特約により、余命6ヶ月と診断された時

火災保険

常陽銀行で住宅ローンを利用した人は、金融機関集団扱いで住宅ローン用の長期火災保険に加入することができます。

利用できる商品は、以下の3つです。

  • 「GKすまいの保険」(三井住友海上火災保険)
  • 「THE すまいの保険」(損害保険ジャパン日本興亜)
  • 「トータルアシスト住まいの保険」(東京海上日動火災保険)

特徴としては、

  • 保障範囲が幅広く充実していること
  • 家財保険もセットできること
  • 地震保険もセットできること
  • 金融機関集団扱いで割引が適用されること

があげられます。

債務返済支援保険

常陽銀行で住宅ローンを利用する人は、債務返済支援保険に加入することが出来ます。

保障内容の特徴は以下の通りです。

  • 住宅ローン利用期間中に罹患したケガ・病気の治療のために入院・自宅療養となり、就業不能となった場合に、ローン返済を保険金でサポートしてもらえます。
  • 1回の入院につき、最長3年間まで保険金が支払われます。
  • 失業保障特約を付保することで、失業による所得喪失も保障されます。
  • 日常生活・業務・レジャー中を問わず、国内・国外の事故でも問わずに保障されます。
  • 団体割引により、保険料が割引されます。

常陽銀行その他のローン

常陽銀行カードローン@金利と審査の特徴