イオン銀行の住宅ローン一覧

イオン銀行住宅ローンでは基本になる住宅ローンが主力商品で、そのほかにいくつかの住宅ローンを提供しています。

新規借入・借り換え両方対応

  • 住宅ローン:標準的な住宅ローンで、条件次第では金利引下幅が大きくなる
  • 疾病保障付住宅ローン:ガン保障や8大疾病保障など手厚い保障が付帯されている
  • セカンドハウスローン:セカンドハウスを購入する人に向けたプラン
  • フラット35:住宅金融支援機構の仕組みを利用したプラン

借り換え専用

  • 住宅ローン・リフォーム活用プラン:借換資金とリフォーム資金の両方を借入できる
  • 無担保住宅借換ローン:担保を必要とせず借換資金が借りられる

『住宅ローン』新規借入・借り換え両方対応

イオン銀行の住宅ローン
  • 業界トップクラスの低水準金利を適用
  • イオン系列店舗での優遇特典がある
  • 保証料や事務手数料が安い
  • 借入種別:新規・借換
  • 融資額:200万円以上1億円以内(10万円単位)
  • 融資期間:1ヶ月単位で1年以上35年以内

申込み条件

用途
  • 住宅の新築・購入、増改築・改装資金
  • 他社・他行の住宅ローンの借換資金
  • 上記に伴って生じる諸費用
年齢

借入時点に満20歳以上満71歳未満、最終返済時点に満80歳未満の方

収入

【給与所得者】
6か月以上継続して勤務しており、前年度年収が100万円以上ある方

【法人役員、自営者】
3年以上継続して事業しており、前年度所得が100万円以上ある方

地域制限

特になし。

その他

イオン銀行の住宅ローンを利用するには下記の条件も満たす必要があります。

  • イオン銀行が定める団体信用生命保険に加入できる方
  • 日本国籍を有する、もしくは永住許可を受けている方
担保と保証人

融資対象になる物件に対して、イオン銀行を抵当権者とする第一順位の抵当権を設定します。

また、原則として保証人は不要です。ただし収入合算者や担保提供者がいる場合にはその人が連帯保証人になります。

加えて融資対象になる住宅は火災保険の付保が必要です。

抵当権設定に係る費用や保険料は契約者が負担しなければなりません。
保証料

保証料を負担する必要はありません。

事務手数料

イオン銀行の住宅ローンを利用する場合は、下記のような事務手数料が発生します。

ローン取扱手数料
(定額型)
1件につき税込108,000円
ローン取扱手数料
(定率型)
借入金額×2.16%
金利変更手数料 0円
一部繰上返済手数料 0円
全額繰上返済手数料 税込54,000円
その他条件変更手数料 0円
金利

イオン銀行の住宅ローンには

  • 「変動金利」
  • 「固定金利特約」

の2種類が用意されています。

返済方式は

  • 毎月元利均等返済(毎月の返済額が一律になる方法)のみ

毎月返済に加え、6か月ごとの増額返済(ボーナス返済)も併用できます。また、借入後1年以内に限り元金返済据置きも利用可能です。

約定返済日は10日、20日、30日のいずれかから指定できます。契約者の指定口座から自動引き落としによって返済されていきます。

変動金利型

イオン銀行では「金利プラン(変動金利)」として変動金利型が提供されています。

変動金利は店頭表示の基準金利を参考に、毎月金利が見直されるプランです。新規借入時には借入時点の店頭金利が適用されます。

また、借入後には年2回(5月1日、11月1日)金利の見直しを行い、6月、12月の約定返済日の翌日から金利が見直されます。

金利の見直しによっては金利が引き上がることも、引き下がることもあります。

返済額の見直しは11月1日を5回通過するごと(5年ごと)に行います。ただし、前回返済額の1.25倍を上限として、これを上回ることはありません。
固定金利型

イオン銀行の変動金利では「固定金利特約」も締結できます。これは一般で言うところの固定金利型です。

こちらの金利プランは期間内に金利変動がありません。特約による固定期間は2年、3年、5年、7年、10年の5つが用意されています。

固定金利特約期間終了後は変動金利に移行します。また、終了後に再度、固定金利特約を締結することも可能です。

この場合は約定返済日の翌日から特約が適用されます。

固定金利特約期間中は返済額の見直しはありません。ただし、特約期間終了時には返済額の見直しも行われ、その際は上限なく見直しが適用されます。
融資までの流れ

事前審査申込 ⇒ 正式審査申込 ⇒ 契約手続 ⇒融資実行

申込み前のチェックポイント
年収や借入期間を考え無理ない計画を

住宅ローンを組む際には現在の年収や借入期間等が重要です。経済的な負担等も考えながら無理のない資金計画・返済計画を立てることが大事です。

必要書類は前もって準備

新規申込の場合は、住民票の写しや運転免許証・健康保険証などの「本人確認書類」、源泉徴収票と課税証明書などの「所得証明書類」、建築・工事請負契約書などの「物件関連書類」が必要です。あらかじめ用意しておくとスムーズな契約に進めるでしょう。

WEBでも申込みできます

イオン銀行ではWEB申込と店舗申込の2つの申込方法があります。WEBなら申込者の都合に合わせて手続きでき、店舗なら相談しながら手続き可能です。希望する申込方法を選ぶといいでしょう。

手数料など金利以外のことも吟味しましょう

住宅ローンには様々な種類があり、同じ商品は2つとしてありません。金利だけでなく、保証料や事務手数料、繰上返済手数料等についても吟味した上で契約することが大事です。

申込みは余裕をもって

申込時点から契約まで最大で1か月程度の日数を要する場合があります。余裕をもった申込みをする方がいいでしょう。

 

公式サイトはこちら

 

保険について

住宅ローン保険

団体信用生命保険

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は借主(契約者)が死亡又は高度障害になった場合に、残っているローン金額の全額が保険金によって弁済される生命保険のことです。これによって残された家族が住宅ローンを負担する必要がなくなります。

この保険料はイオン銀行が負担することになっています。

住宅ローン専用火災保険

イオン銀行では住宅ローン専用の火災保険を用意しています。なお、火災保険料は契約者が負担する必要があります。

大口団体割引が適用されるので、通常よりも安い保険料で火災保険に加入が可能です。また、地震保険にも加入できるので、住宅に関する災害について広くフォローできます。

ペアローン

同一物件に対して親子や夫婦などの2人がそれぞれ住宅ローンを組み、お互いに連帯保証人になる契約方法です。2人とも住宅ローン控除を受けられますが、契約は2本になるので注意も必要です。

お問い合わせ方法

イオン銀行の住宅ローンについて聞きたいことがあれば、下記のいずれかの方法があります。

  • 店舗窓口
  • 生活応援ローン相談会
  • 電話窓口

店舗窓口

イオン銀行の店舗窓口では住宅ローンの相談を受け付けています。予約等は必要ないので、都合のあう時間帯に相談に行くといいでしょう。

なお、基本的は年中無休で9時~21時まで営業しており、全国のイオン内、イオンモール内にあります。

生活応援ローン相談会

毎週土曜、日曜日を中心にイオン銀行では生活応援ローン相談会を開催しています。

住宅ローンの返済額シミュレーションや相談を受け付けています。基本的にはイオン銀行店舗内で行われます。

電話窓口

イオン銀行では専用の電話窓口も設けています。

年中無休で9時~18時まで営業しているので、住宅ローンの気になる点があれば電話でも相談可能になっています。

 

公式サイトはこちら

 

『住宅ローン』借り換えの場合

住宅ローン借り換え

イオン銀行の住宅ローンは借換借入にも対応しています。借換借入とは既存の住宅ローンから、イオン銀行へ住宅ローンを変更する、組みかえることを指します。

基本的には新規借入と同じ内容ですが、下記の点で異なります。

借入条件

融資金額

200万円~最大1億円まで

借入期間

1年以上35年以内で新規借入と同じ。

ただし、借換借入の場合は借入期間が既存住宅ローンの残存期間内になります。

必要書類

借換借入ではほぼ新規借入と同様

  • 「本人確認書類」
  • 「所得証明書類」
  • 「物件関連書類」
  • 「既存住宅ローン関連書類」
  • 返済予定表や、返済履歴が分かる書類、火災保険の保険証券

申込時点のチェックポイント

本当に支払いが減るのか?

借換によって将来の総返済額が数百万円以上も変わってくる可能性があります。一度、シミュレーションを使ったり、店舗窓口で相談してみるといいかもしれません。

融資が断られる場合もある

借換借入の場合は既存の住宅ローンの返済状況を確認します。この状況次第では融資が断られる可能性もあります。

同銀行内での借り換えは不可

イオン銀行住宅ローンからイオン銀行住宅ローンへは借換できません。

その他の住宅ローン

イオン銀行の住宅ローンにはその他に下記のような目的別ローンが用意されています。

疾病保障付住宅ローン

基本的には住宅ローンと同様の内容です。違いは通常よりも団体信用生命保険の保障が広範囲である点です。

万が一の場合に備えてこれらのプランを契約しておくのもいいでしょう。

ガン保障特約付住宅ローン

通常の団体信用生命保険に加えて2つのガン保障も付帯された保険です。

もしガンと確定診断されたら、保険金が充当され、その後の住宅ローン残高が0円になります。

加入者は保険料を負担する必要があります。また、借入時年齢が満20歳以上満50歳未満です
8疾病保障付住宅ローン

通常の団体信用生命保険に加えて、3大疾病または、5つの生活習慣病の保障が付帯された保険です。

3大疾病、5つの生活習慣病とは

ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、これが3大疾病。高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎、こちらが5つの生活習慣病です。

それぞれの保険金支払い条件は下記の通りです。

  • ガン:確定診断されること
  • 脳卒中、急性心筋梗塞:所定の状態が60日以上継続していること
  • 5つの生活習慣病:就業不能状態が12か月を超えて継続していること

以上の条件に該当すると保険金が住宅ローンに充当されます。その結果、住宅ローンが0円になり、それ以降の負担がなくなります。

なお、保険料は加入者が負担しなければなりません。また、借入時点の年齢が満20歳以上満50歳未満の範囲でないと契約できません。

ワイド団信付住宅ローン

通常の団体信用生命保険よりも引受範囲を広げた保険です。なお、加入に当たっては加入者が保険料を負担する必要があります。

たとえば高血圧症や糖尿病、うつ病等の持病がある方は団体信用生命保険に加入できないことがあります。こうした人でも加入できる可能性がある生命保険なのです。

イオン銀行セカンドハウスローン

契約者本人、または同一生計親族が利用するセカンドハウス・別荘などの購入に使えるプランです。セカンドハウスローンは新規と借換の両方に対応しています。

基本的には住宅ローンと同様の借入条件、返済条件になっています。ただし、借入期間が1か月単位で3年以上35年以内なので注意しましょう。

それ以外は最大1億円まで融資が受けられるほか、変動金利や固定金利特約が選べるなど住宅ローンと同様です。

つなぎローン(つなぎ融資)

つなぎローンは、住宅ローンを実際に融資されるまでに借り入れるローンです。

建物竣工から融資までの間に、着工資金や中間資金が必要になった場合に融資を受けられます。

なお、このつなぎローンは店舗のみでの取扱いになっています。また、つなぎローンの可否は店舗の判断によって異なります。

住宅ローン・リフォーム活用プラン

住宅ローンの借換資金と、リフォーム資金を同時に調達できるローンです。基本的には住宅ローンと同様の内容で融資条件にて借り入れられます。

リフォームを機会に住宅ローンの見直しをしようと考えている人に向いたプランです。

無担保住宅借換ローン

最大1,000万円まで無担保で融資を受けられるプランです。

担保評価不足により借換ができなかった人や、担保設定を外したいと考えている人に向いたプランです。
  • 年齢:借入時点で満65歳まで
  • 前年度年収・所得:給与所得者なら250万円以上
  • 個人事業主400万円以上

最長20年まで融資を受けられるので、住宅ローンの借換資金が足りない場合には利用してみるといいかもしれません。

フラット35関連住宅ローン

フラット35とは住宅金融支援機構の証券化の仕組みを使った借入方法のことを言います。

基本的には金融機関の資金調達方法が違うだけで、契約者が不利になるようなことはありません。

イオン銀行では、このフラット35関連のローンとして下記の5つを提供しています。

イオン【フラット35】

フラット35を使った基本の住宅ローンです。

  • 最大8,000万円まで
  • 最長35年間にわたって借入可
  • 金利は固定金利のみ

借入時点の年収400万円を境に返済額割合が変わります。

フラット35は新規借入でも借換借入でも申し込みが可能です。そのほか、保証会社が住宅金融支援機構などになるなどの違いがあります。

イオン【フラット35】S

省エネルギー性や耐震性等に対応している住宅が利用できるプランです。フラット35をベースにしており、条件を満たせば通常よりも好金利で融資を受けられることになっています。

イオン【プラス】

イオン銀行住宅ローンとフラット35を組み合わせて購入資金の100%を借り入れるプランです。イオン銀行のいい所と、フラット35のいい所を取り入れて住宅ローンを組むことができます。

フラット35つなぎ

フラット35による融資が実行されるまでのつなぎローンです。イオン銀行が着工資金や中間資金を融資してくれて、フラット35による融資が実行された時点で返済します。

イオン【フラット35】(借換え用)

借換え専用のフラット35です。フラット35と基本的には同様の内容になっています。ただし、資金使途は居住用住宅またはセカンドハウスの住宅ローン借換資金となっています。

住宅ローン付随サービス

イオン銀行で住宅ローンを契約すると、下記のような付随サービスも利用できます。

  • イオンセレクトクラブ:イオングループ店舗での割引特典や、金利優遇特典が受けられます。
  • イオンアシストローン:増改築資金やリフォーム資金などもまとめて借入ができます。

イオン銀行その他のローン

イオン銀行カードローン@金利と審査の特徴