アルヒ住宅ローン

住宅ローン専門金融機関のアルヒではフラット35関連の住宅ローンを数多く提供しています。

新規借入

  • ARUHIスーパーフラット:購入価格の頭金を2割用意すると好金利で住宅ローンが組める
  • ARUHIフラットα:ARUHIフラット35と組み合わせることで金利を低くして融資が受けられる
  • ARUHIつなぎ:ARUHIフラット35の融資実行をされる前につなぎとして借り入れできる
  • フラット35S・リノベ:住宅金融支援機構の技術基準を満たすことにより低金利でローンを組める

新規・借換借入

  • ARUHIフラット35:アルヒ株式会社のスタンダードな住宅ローン
  • ARUHIフリーダム:アルヒ株式会社で変動金利タイプを選べるプラン

『ARUHIフラット35』新規借入・借り換え両方対応

アルヒ住宅ローン
  • 最長35年間、低金利で固定できるので安心
  • 保証料、繰上返済手数料が無料だからお得
  • 申込者の幅広いニーズにも対応
  • 借入種別:新規・借換
  • 融資額:1万円単位で100万円~8,000万円(建築・購入費用の10割以下)
  • 融資期間:1年単位で15年以上35年以内

申込み条件

用途

①申込者自身が居住する住宅の建築・購入費用
②申込者の親族が居住する住宅の建築・購入費用

住宅取得にかかる諸費用(手数料、税金)は含みません
年齢

申込時年齢が70歳未満で、最終返済時年齢が80歳未満の方

収入

【給与所得者】
①年収400万円未満の場合は、年間返済額が30%以下である方
②年収400万円以上の場合は、年間返済額が35%以下である方

【法人役員、自営者】
①年収400万円未満の場合は、年間返済額が30%以下である方
②年収400万円以上の場合は、年間返済額が35%以下である方

地域制限

特になし。

その他

ARUHIフラット35を契約するにあたっては下記の条件なども満たす必要があります。

  • 契約者が日本国籍または、永住許可を持っている方
  • 融資対象が住宅金融支援機構の定めている技術基準を満たしている住宅
  • 新築住宅の場合は建設・購入価額が1億円以下、竣工から2年以内の住宅
  • 中古住宅の場合は購入価額が1億円以下、竣工から2年超の住宅
  • 床面積が一戸建てなどでは70平米以上、共同住宅などでは30平米以上ある

担保と保証人

融資対象の土地・建物に対して、住宅金融支援機構が第一順位の抵当権を設定します。この担保設定に係る登録免許税や司法書士報酬は契約者が負担する必要あります。

また、住宅金融支援機構を使うため、保証人は必要ありません。そのほか、契約者は任意の火災保険・火災共済に加入しなければなりません。

火災保険は完済時まで付保することが条件で、契約者が保険料を負担します。

保証料

住宅金融支援機構の保証料は0円です。

事務手数料

ARUIHIフラット35を利用するにあたり、下記のような事務手数料が発生します。

事務手数料 1件につき税込216,000円~
繰上返済手数料 無料

金利

アルヒ株式会社でARUIHIフラット35では金利タイプは固定金利型のみの取り扱いになっています。なので、変動金利型は選択できません。

返済方法は2つです。

  • 元利均等返済方式・・・毎月の返済額が一定
  • 元金均等返済方式・・・毎月の返済額が徐々に減っていく

また、融資金額の40%以内であれば6か月ごとのボーナス増額返済も利用可能です。

返済日は毎月5日となっていますが、約定返済日は13日の取り扱いになっています。

返済口座は全国1,000以上の銀行・信用金庫が選べるようになっています。

新規借り入れの場合は給与口座、もしくは生活口座のみ

変動金利型

ARUHIフラット35では変動金利型を選ぶことはできません。変動金利型を選びたい場合は『ARUHIフリーダム』や『MR.住宅ローンREAL』などが用意されています。

固定金利型

ARUHIフラット35は全期間固定金利のみとなっています。適用される金利は毎月見直され、融資比率と借入期間によって変わります。

全期間固定金利とは契約時点の金利が最終返済日まで適用され続ける金利タイプのことをいいます。

返済期間中は金利が変わることはないので、将来的なマネープランを立てやすくなります。

融資比率とは

住宅建設・購入価額に占めるローン額のこと。この融資比率が「9割以下」と「9割超」で金利が異なります。9割以下の方が、9割超に比べて低金利です。

また、借入期間は「15年~20年」と、「21年~35年」で金利が変わります。

15年~20年の方が、21年超に比べて低金利が適用されます。

融資までの流れ

相談 ⇒ 事前審査 ⇒ 申込書提出 ⇒ ローン審査 ⇒ 契約面談 ⇒ 融資実行

申込み前のチェックポイント

  • フラット35とは民間金融機関が保有する住宅ローン債権を、住宅金融支援機構に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。基本的には金融機関側の話なので、申込者が不利になるようなことはありません
  • ARUHIフラット35は事前審査が「最短当日」、本審査が「最短3営業日」。時間がない中でも契約しやすいです。
  • 住宅ローンを契約する際には、プランだけでなく、金利や返済期間、返済方法などにも注意を配る必要があります。
  • アルヒでは来店不要で相談できる「ビデオチャット相談」を開設しています。分からないことはあれば専門オペレーターに相談しましょう。
  • 事前申込時には「事前審査申込書」のほか、運転免許証や住民票などの「本人確認書類」、源泉徴収票などの「所得証明書類」といった書類が必要です。

 

公式サイトはこちら

 

保険について

住宅ローン保険

機構団体信用生命保険

ARUHIフラット35では任意ですが団体信用生命保険には加入しなければなりません。フラット35では機構団体信用生命保険があります。

機構団体信用生命保険とは

契約者(被保険者)が万が一死亡、もしくは所定の高度障害状態に保険金によって住宅ローン残額を補う保険のことです。特約料の支払いは必要になりますが、残される家族・遺族のためにも加入しておく必要があります。

8疾病保障特約プレミアム

8疾病保障特約プレミアムとは8大疾病保障特約と入院保障特約の2つが組み合わさった保険のことです。

8大疾病保障特約

被保険者が保険期間中にがん(悪性新生物)、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、慢性膵炎、肝硬変にかかり就業不能状態が続いたら、12か月までは毎月の住宅ローンを、12か月超は住宅ローン全額を保障されます。

入院保障特約

被保険者が保険期間中に病気やけがで入院したら、10万円を一時保険金として支払われます。

この保険に加入する場合は特約料が発生します。加入時点の年齢によって特約料が変わりますが、加入後は保障が終了するまで一定のままとなっています。

失業保障特約三ツ星くん

失業保障特約付三ツ星くんとはアルヒ株式会社が提供している失業信用費用保険のことです。これは被保険者が非自発的に失業状態に陥った際に、1回あたり最長6か月までローン返済額を保険金で支払うことができるものです。通算で最長36か月まで保障されるので、万が一にも返済が滞るリスクを避けられます。

自主的な退職は対象になりません

失業保障特約付三ツ星くんでは、保障要件が非自発的失業状態のみになっています。けがや病気などによって就業困難状態になっても、非自発的失業状態には該当しないので注意が必要です。また、特約料も発生し契約者が負担する必要があります。

ARUHI住宅ローン専用火災保険

ARUHIフラット35などの契約を結ぶ際には、任意の火災保険に加入する必要があります。そしてARUHI住宅ローン専用火災保険はアルヒ株式会社が用意している専用の火災保険です。

一般の契約に比べると割安な保険になっているので、住宅ローンを契約する際に検討してみるといいかもしれません。

ARUHI With Woman

女性向けのサービスです。専用のコンシェルジュデスクが用意されているほか、保険サービスが割引されたり、ARUHI暮らしのサービスも付帯されています。女性でも住宅ローンに加入しやすいようにサービスが提供されています。

お問い合わせ方法

アルヒ株式会社の住宅ローンについて気になる点があれば、以下の方法で相談が可能です。

  • ビデオチャット相談
  • ARUHIダイレクト(電話窓口)
  • 店舗窓口

ビデオチャット相談

アルヒ株式会社では来店不要のビデオチャット相談も実施しています。申込希望者のパソコンから事前予約しておき、アルヒの「マイページ」からビデオチャットが実施できます。平日22時までと時間の融通がつけやすいことが特徴です。

ARUHIダイレクト(電話窓口)

ARUHIでは専用の電話窓口「ARUHIダイレクト」を設置しています。年末年始を除き、10時~19時まで受付しているので時間がある際に電話口で相談することが可能です。すぐに相談したい場合には連絡しやすいでしょう。

店舗窓口

全国にあるアルヒ株式会社の支店窓口でも住宅ローンの相談を受け付けています。事前に予約しておく必要がありますが、対面で丁寧にサポートを受けられます。早い段階で予約をしておき専門スタッフと相談しましょう。

 

公式サイトはこちら

 

『ARUHIフラット35』新規借入と借り換えの違い

住宅ローン借り換え

アルヒ株式会社の基本プランであるARUHIフラット35は借換借入にも対応しています。借換とはすでに住宅ローンを契約している人が、違う住宅ローンへと組み替えることを言います。基本的には新規借入と同じですが、下記の点で違いも見られます。

申込み条件

新規借入の申込条件に加えて、現在借入中の住宅ローンの借入実績が1年以上あることが必要です。加えて、借換申込日までの直近1年間は正常に返済していることが条件に加えられます。

融資条件

融資金額は最大8,000万円であり、新規借入と同じです。ただし、借入中の住宅ローン残高と諸費用の合計額か、担保評価額の200%のいずれか低い方が限度額になります。

また、融資期間も最長35年までとなっています。ただし、既存の住宅ローンの経過年数を差し引いた期間が最長限度として定められます。

返済条件

繰上返済手数料は無料ですが、100万円以上などの条件が設定されます。

必要書類

借換借入でも

  • 本人確認書類
  • 所得証明書類

などが必要になります。その他、借換では

  • 返済予定表(写し)
  • 返済口座通帳(写し)

の提出が必要です。これらの現在の借入状況に関する書類により、返済状況の確認がされます。

申込み時のチェックポイント

借り換え金利をもう一度チェック

ARUHIの借換実行件数は2013年に最多となっています。この理由はARUHIフラット35の借換金利が、過去の金利に比べて低水準にあるからです。最終返済日まで低水準で借り入れできるので、気になる場合は確認してみるといいでしょう。

借り換え条件をチェック

一般的には借換は「残額1,000万円以上」、「残期間10年以上」、「金利差1%以上」のすべてを満たす場合にメリットがあるといわれています。もし当てはまるのであれば、一度専門スタッフに相談してみるといいでしょう。

その他の住宅ローン

アルヒ株式会社ではARUIHIフラット35以外にも多くのフラット35関連のプランを提供しています。

ARUHIスーパーフラット

ARUHIスーパーフラットとは『ARUHIフラット35』よりも低金利で住宅ローンが組めるプランです。申込み条件や融資条件などは基本的には一緒です。

ただ、頭金として建設費・購入価格の2割を用意すると、通常よりも好金利で融資を受けられます。『フラット35S』での利用もできるので、相当低い金利で住宅ローンを組める可能性もあります。

ARUHIフラット35/スーパーフラット(リフォーム一体型)

リフォーム一体型は、『ARUHIフラット35』と『ARUHIスーパーフラット』で利用できるプランです。中古物件を購入する際に、リフォームが必要な場合に、そのリフォームも資金使途に入れてローンを組むことができます。

リフォーム一体型は資金使途が異なるだけで、基本的にはARUHIフラット35/スーパーフラットと同様の申込み条件・融資条件となっています。なお、新規でも借換でも可能です。

ARUHIフラットα

ARUHIフラットαは『ARUHIフラット35』と組み合わせて、住宅購入資金の100%を融資してもらう方法です。

このローンの使い方は?

ARUHIフラット35だけでも100%の融資は受けられますが、借入割合が9割を超えると金利が高くなります。そこで、フラット35の部分は9割以下にして、残りの部分をARUHIフラットαで補います。

なお、ARUHIフラットαの部分は変動金利型での契約となっています。変動金利は借入期間中に金利の見直しが行われるタイプです。契約の仕方次第ではフラット35よりも総返済額を少なくできる可能性もあります。

ARUHIフラットつなぎ

ARUHIフラットつなぎは実際に住宅ローンの融資が実行されるまでのつなぎとして実施される融資です。

場合によっては住宅ローンの融資実行までの間に土地購入金や着工金、上練金、竣工金などが必要になります。この費用を補うための融資です。

なお、融資金額は最大8,000万円まで借り入れが可能です。ただし、実際に住宅ローンの融資が実行されたら、その資金と相殺する必要があります。

ARUHIフリーダム

ARUHIフリーダムは金利タイプが選べるプランです。金利タイプは変動金利型と、当初固定金利型の2つが用意されています。金利変動リスクはありますが、申込者のニーズに合わせて金利タイプを選べます。

年収制限などの申込み条件に違いがあったり、融資金額が1億円までなど融資条件が異なったりする特徴があります。

ARUHIフリーダムつなぎ

ARUHIフリーダムつなぎは『ARUHIフリーダム』専用のつなぎプランです。『ARUHIフラットつなぎ』と同様で、実際の融資実行までにつなぎとして利用可能です。また、融資が実行されたらそれと借入額を相殺します。

金利引き下げ制度

通常よりも好金利で住宅ローンを組むための制度も用意されています。条件次第ではありますが、もし当てはまるのであればさらに低い金利で住宅ローンを組むこともできます。

フラット35S

フラット35Sとは融資対象物件が住宅金融支援機構の定める技術基準を満たす物件、通常よりも10年間(金利Aプラン)、または5年間(金利Bプラン)にわたって低金利で融資を受けられる方法です。

金利Aプランと金利Bプランの違いは求められる技術基準の違いです。技術基準としては

  • 「省エネルギー性」
  • 「耐震性」
  • 「バリアフリー性」
  • 「耐久性・可変性」

の4つがあり、それぞれ等級などが決められています。こうした条件を満たす物件の場合に通常よりも低金利で住宅ローンを組めます。

フラット35リノベ

フラット35リノベとは契約者が中古住宅を購入して、その物件をリフォームする場合に利用できるプランです。金利引き下げの条件は『フラット35S』と同じで4つの基準があります。いずれかを満たす場合に低金利で住宅ローンを組むことができます。

提携ローン

アルヒ株式会社では他の金融機関とも提携しており、契約者のニーズに合わせて住宅ローンを提供しています。

諸費用・リフォームローン

ARUHIフラット35を利用している契約者が使える諸費用・リフォームローンです。新規借入・借換借入で必要な諸費用や、リフォーム費用を最大1,000万円まで借りられます。なお、株式会社アプラスの審査が必要です。

フリーダムプラス

ARUHIフリーダムを利用している契約者が申込できる諸費用・リフォームローンです。『諸費用・リフォームローン』と同じく最大1,000万円まで借り入れできます。こちらも株式会社アプラスの審査が必要です。

Mr.住宅ローンREAL

アルヒ株式会社は住信SBIネット銀行の銀行代理業者にもなっています。そのため、『Mr.住宅ローンREAL』も申し込めます。低金利で最大1億円まで融資を受けられることが特徴です。

住宅ローン付随サービス

アルヒ株式会社では住宅ローンの付随サービスとして下記のようなものも提供しています。

  • マイページ:ローンの各種申し込みや、ローンの返済状況なども確認できる専用のページです。
  • ARUHI暮らしのサービス:ARUHI利用者に向けて用意されている優待サービスです。
  • ご家族・お友達紹介:契約者が家族や友達を紹介し、契約まで至ればギフト券が受けられるサービスです。