東京スター銀行の住宅ローン一覧

東京スター銀行ではベーシックなスターワン住宅ローンと不動産諸費用ローンの2つを用意しています。

新規借入・借り換え両方対応

  • スターワン住宅ローン:東京スター銀行のベーシックな住宅ローン
  • 不動産諸経費ローン:住宅ローンやリフォームに利用できる

『スターワン住宅ローン』借り換え両方対応

東京スター銀行住宅ローン
  • 預金連動型の住宅ローン
  • 手厚い補償が付帯される
  • LINEからの相談受付にも対応
  • 借入種別:新規・借換
  • 融資額:500万円以上1億円以内(10万円単位)
  • 融資期間:1年単位で1年以上35年以内

申込み条件

用途
  • 住宅の建築・増改築資金
  • 建売住宅・中古マンションの購入資金
  • 現在借入中の住宅ローンの返済資金
年齢

20歳以上65歳以下の方で、完済時点に75歳以下の方

収入

【給与所得者】
正社員として1年以上安定した収入があることを公的書類で証明できる方

【法人役員、自営者】
自営業者として2年以上安定した収入があることを公的書類で証明できる方

地域制限

本住宅ローン取扱店に、おおむね2時間程度で来店できる方。

取扱店舗は池袋支店、渋谷支店、新宿支店、日比谷支店、横浜支店、名古屋支店、大阪支店、福岡支店の8店舗
その他

日本国籍の方、または外国籍で永住権をもっている方

担保と保証人

契約対象の土地・建物に対して東京スター銀行を第一順位とする抵当権を設定します。

なお、保証会社や第三者による保証は原則として必要ありません。

ただし、場合によっては連帯保証人を要することもあるようです。

保証料

保証料を負担する必要はありません。

事務手数料

東京スター銀行のスターワン住宅ローンを契約するに当たっては下記のような手数料が発生します。

  

事務手数料 1件につき税込108,000円
返済休暇手数料 0円
固定金利選択料 0円
一部繰上返済手数料 0円
全部繰上返済手数料 0円

金利

スターワン住宅ローンには変動金利型と固定金利型の2種類があります。

契約時点の「スターワン住宅ローン基準金利(東京スター銀行が毎月、公表している金利)」をもとに融資金利が決定されています。

返済方法は元利均等月賦返済のみです。

返済額が毎月一定になる返済方法です。

また、融資額の最大40%まで、6か月ごとのボーナス返済も併用できます。

変動金利型

変動金利型とは半年毎に金利を見直し、その時の住宅ローン金利を適用するタイプです。

変動金利は6回目の約定返済日に最初の金利見直しが適用されます。

金利タイプの変更は金利見直しの時点だけです
固定金利型

固定金利型とは一定期間中は金利の見直しを行わないタイプです。

固定金利期間は3年、5年、10年の3種類が用意されています。

固定金利型も金利見直し時点でのみ金利タイプを変更することができます

何もしないと変動金利型に移行します。

融資までの流れ

相談 ⇒ 申込 ⇒ 審査 ⇒ 契約 ⇒ 融資

申込み前のチェックポイント

相談会を活用してみましょう

個別相談会では専門スタッフが申込者の相談に乗ってくれたり、適したプランニングをしてくれます。

電話予約は必要になるので忘れないようにしましょう。

必要書類はあらかじめ用意

申込みをするにあたって運転免許証などの「本人確認書類」や、源泉徴収票・確定申告書などの「収入関係書類」、売買契約書などの「物件確認書類」が必要です。

あらかじめ用意しておき、相談に臨むようにしてください。

審査結果は1週間程度で来ます

原則として審査結果は申込書の提出後1週間以内に返答することになっています。

混雑時期によっては返答まで時間がかかる可能性もありますが、基本は1週間程度で返答がもらえます。

わからないことは理解できるまで質問

返済計画や資金計画など、分からないことがあれば専門スタッフに相談することが大事です。

最終的な返済額にも大きな差が出る可能性もあるため、分からないことがあれば理解できるまで相談しましょう。

頭金は必ず必要です

スターワン住宅ローンは物件の購入価格90%が融資の上限額になっています。

少なくとも10%分は用意する必要があるので、頭金などの相談もしておく方がいいでしょう。

 

公式サイトはこちら

 

保険について

住宅ローン保険

東京スター銀行の住宅ローンには利用すると必ず加入する「メンテナンスパック」というものがあります。そこに付帯される保険は下記の通りです。

団体信用生命保険(団信)

死亡や高度障害になった時に住宅ローン残高相当の保険金が支払われます。

ガン保障特約付き団信(ガン団信)

団体信用生命保険に加えて、ガンと診断された場合に住宅ローン残高に相当する保険金が支払われます。

就業不能信用費用保険(入院保険)

病気やけがなどで入院した場合には、入院費用保険金が支払われます。

また、入院期間中にスターワン住宅ローンの返済日が含まれる場合は、当月の返済額相当額が支払われます。

その他サービス

預金連動

スターワン住宅ローンは預金連動型の住宅ローンです。

預金連動型とは

預金連動型とは預金残高によって、住宅ローン残高の最大70%まで利息負担が軽減するサービスです。つまり、最低30%のみの利息負担ですむという訳です。

預金連動に対応している預金
  • 「スターワン円普通預金」
  • 「スターワン積立円定期」
  • 「スターワン外貨普通預金」等

これを上手く利用することで利息を大幅に少なくできる可能性があります。

メンテナンスパック

東京スター銀行の住宅ローンを利用するにあたり、必ずメンテナンスパックに加入しなければなりません。

メンテナンスパックとは返済期間中の各種メンテナンスや保証を組み合わせたパッケージサービスです。

ローン契約後にはメンテナンスパックの変更はできません。利用料は返済口座から引き落としとなります。

保険についてはすでに説明してありますのでこちらでは保険以外の内容を説明しています。

メンテナンスパック一覧表
種類 メンテナンスパック1 メンテナンスパック2 メンテナンスパック3
メンテナンスパック料(100万円あたり) 月420円 月585円 月250円
返済休暇の利用(無料)
固定金利の選択(無料)
一部繰上返済・全部繰上返済(無料)
死亡・高度障害時の保障(団信) ×
ガン診断保障
(ガン団信)
× ×
入院時の保障
(入院保険)
×

返済休暇

返済休暇とは最長36カ月間まで、返済額を利子分のみにすることができるサービスです。

出産や育児等のライフイベントに合わせて、返済額をコントロールできるのです。

返済休暇を利用すると、その期間と同期間にわたり返済期間が延長されます。あらかじめ返済休暇を踏まえた資金計画が必要です。

お問い合わせ方法

スターワン住宅ローンについて相談したいことがあれば下記の方法があります。

  • 個別相談会
  • 電話相談

個別相談会

東京スター銀行では申込者1人1人のニーズに合わせたプランニングをするため、個別相談会を開催しています。

インターネット、電話、LINEから予約ができるので、いずれかの方法で申し込みをしておくといいでしょう。

個別相談会は平日21時まで、土日祝日17時まで実施しています。

電話相談

電話での問い合わせにも対応をしています。

平日は21時まで、土日祝日は17時まで対応しているので、気軽に相談、確認をしてみるといいでしょう。

なお、電話相談は携帯電話・PHSからも利用できます。

 

公式サイトはこちら

 

『スターワン住宅ローン』借り換えの場合

住宅ローン借り換え

スターワン住宅ローンは借換借入にも対応したプランです。

新規借入と同じような借入条件、返済条件ですが、違う点もあるので押さえておきましょう。

申込条件

基本的には新規借入と同様です。借換対象の住宅ローンは基本的には申込者が居住している物件です。

ただし、場合によっては居住していない住宅でも取り扱ってもらえる可能性があります。詳しくは窓口で相談しましょう。

借入条件

借入条件も最大1億円まで、最長35年まで融資を受けられます。

ただし、現在契約している住宅ローン残高の総額以内までになっています。

必要書類

  • 源泉徴収票や確定申告表等の「収入関連書類」
  • 運転免許証などの「本人確認書類」
  • 現在借入中のローン返済予定表といった「物件確認書類」

申込み前のチェックポイント

まずはシュミレーション

ローンの借り換えは負担を少なくするのが目的です。

スターワン住宅ローンに切り替えることで、どの程度のメリットがあるかは個別相談にてシミュレーションしてもらえます。

まずは相談からしてみるといいでしょう。

借り入れまで1ヶ月程度みておく

借換借入の正式な契約までには1か月程度の時間がかかると予想されます。

時期によっては早めに手続き完了することもありますが、目安は1か月程度です。

その他の住宅ローン

東京スター銀行が提供する住宅ローンには下記のようなプランもあります。

不動産諸経費ローン

不動産諸経費ローンは、不動産取得やリフォーム、借換えなど不動産関連費用に幅広く利用できる住宅ローンです。

具体的にどんな費用に使える?

スターワン住宅ローンでは、購入資金や借換資金だけの資金使途になります。しかし、不動産取得には手数料や保険料、印紙税など様々な経費が発生します。これらの諸経費に対して利用できるのが不動産諸経費ローンになるのです。

不動産諸経費ローンは最大500万円、最長7年間に渡って借入することが可能です。

原則として満20歳以上満65歳未満の人が申し込めるので、広範囲の人が不動産諸経費ローンを活用できます。

もし、住宅取得で諸費用分が調達できない等があれば、こちらの不動産諸経費ローンを活用してみるのもいいかもしれません。

新型リバースモーゲージ「充実人生」

リバースモーゲージとは所有する住宅を担保に、東京スター銀行から融資をしてもらう方法をいいます。

借入期間中には返済しなくても良い!

借入期間中には返済の必要はありません。そして、最終的に所有する住宅などを売却することで、返済するのがリバースモーゲージローンです。そのため毎年融資極度額を見直して、担保評価額によって利用できる金額が変わります。

リバースモーゲージでは最大1億円終身まで融資を受けられることになっています。

利用できる人
  • 55歳以上の方
  • 年収が120万円以上ある方
  • 東京都を中心とする首都圏、大阪市、京都市、神戸市のみの取扱い

資金使途は医療費や介護費、老後の生活費などで、終身に渡って安心した老後を暮らすことが可能になるのです。

詳しくは店舗窓口にて相談してみるのがいいでしょう。

住宅ローン付随サービス

東京スター銀行の住宅ローンを利用すると、下記のような付随サービスも利用できます。

  • 東京スターダイレクト:東京スター銀行のインターネットバンキングで、残高照会など各種手続きが受けられます。

東京スター銀行その他のローン

東京スター銀行カードローン@金利と審査の特徴