ソニー銀行の住宅ローン一覧

新規・借換借入

  • 住宅ローン:取扱手数料を安くして住宅ローンを組める
  • 変動セレクト住宅ローン:変動金利を抑えて住宅ローンが組める

『住宅ローン』新規借入・借り換え両方対応

ソニー銀行住宅ローン
  • 取扱手数料を低くできる
  • 保証会社を使わないで契約できる
  • 選べる金利タイプ(期間等)が多い
  • 借入種別:新規・借換
  • 融資額:500万円~1億円まで(10万円単位)
  • 融資期間:1ヶ月単位で1年~35年以下

申込み条件

用途
  • 新築物件・中古マンションの購入資金
  • 住宅の増改築資金
  • 他社・他行の住宅ローンの借換資金
年齢

申込時点に満20歳以上満65歳未満で、最終返済時点に満80歳未満

収入

【給与所得者】
前年度の年収が400万円以上の方

【法人役員、自営者】
前年度の申告所得が400万円以上の方

地域制限

日本国内全域の「市街化区域」に限られます。市街化調整区域や離島では利用できません。

※市街化区域とはすでに市街地を形成している地域のこと
※市街化調整区域とは現在は市街化を抑制している地域のこと

その他

以下、2つの条件が必要です。

  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っていること
  • ソニー銀行指定の保険会社の団体信用保険に加入すること

担保と保証

ソニー銀行が融資対象となる土地や建物に対して第1順位の抵当権を設定します。
抵当権を設定するため、原則として保証人は必要ありません。ただしソニー銀行の判断によっては連帯保証人を設定することもあります。

またソニー銀行で住宅ローンを契約する場合には、火災保険に加入しなければなりません。この契約にあたって発生する保険料は契約者の負担になっています。

保証料

保証会社を使用しないため発生しません。

事務手数料

ソニー銀行住宅ローンを利用する場合には、下記の事務手数料が発生します。

取扱手数料 1件につき税込43,200円
繰上返済手数料 0円
金利変更手数料 0円~所定料金
約定返済日変更料 1回につき税込540円

金利

  • 金利・・・変動金利型と固定金利型の2種類
  • 返済方法・・・元利均等返済(元本と利息を一定額支払う方法)

なお、半年ごとの増額返済(ボーナスを返済額に充当する方法)も使うことができることになっています。

約定返済日(毎月の返済日)は2日、7日、12日、17日、22日、27日の6つから契約者が自由に選ぶことができます。

また増額返済を希望する場合には6月・12月、7月・1月、8月・2月の3つから選べる決まりになっています。なお、返済日が休日の場合は翌営業日が返済日です。

変動金利型

変動金利型は毎月、スワップ手法により金利が決定されており、その金利が適用されることになっています。

変動金利は年2回(5月1日、11月1日)に見直しがされ、6月・12月の約定返済日から適用されることになっています。

この変更に当たって返済額はソニー銀行で決定され、上限なく変更が適用されます。

金利変更の手数料は?

変動金利から固定金利へ金利タイプを変更する場合には手数料が発生しません。また、変更手続きが済んだ翌日から金利タイプの変更は適用されます。

固定金利型

固定金利型では固定期間を2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、20年超(全期間)から選ぶことが可能になっています。

また固定金利型も毎月、スワップ手法により適用される金利が決定しています。この金利は固定金利期間が終了するまで変更されることはありません

金利変更の手数料は?

固定期間が終了するタイミングで、金利タイプを変動金利型に変更することも可能です。このタイミングでは手数料は発生しません。また固定期間中でも金利タイプを変更できます。ただし、この場合は金利変更手数料が発生する決まりになっているので注意をしてください。

融資までの流れ

仮審査申込 ⇒ 本審査申込 ⇒ 契約 ⇒ 融資

申込み前のチェックポイント

  • 住宅の購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。永く住む家だからこそ納得のいくような家にして、それを達成するための資金計画を立てるようにしましょう。
  • 住宅ローン借入時には借入金額や金利、返済期間等について検討しておく必要があります。商品の特徴を知っておくことで、よりよい住宅ローンを組むことができるようになるはずです。
  • 返済額は自己資金や年収等を検討しながら決める必要があります。いくらまでなら返済できるのかを考えて返済プランを立てるといいでしょう。
  • 住宅ローンにはソニー銀行や住宅金融支援機構のもの等があります。金利プランや返済方式等を検討しながら自分に一番合っているプランを選ぶことが肝心です。

 

公式サイトはこちら

 

保険について

住宅ローン保険

団体信用生命保険

ソニー銀行の住宅ローンを契約するにあたって団体信用生命保険に加入する必要があります。

団体信用生命保険は被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金がソニー銀行に支払われます。これにより、それ以降の返済は「0円」になります。

団体信用生命保険はソニー銀行が負担します。契約者には負担がないので安心してください。

3大疾病保障特約団体信用生命保険

団体信用生命保険に加えて、三大疾病保障特約も付帯された保険です。被保険者が死亡、高度障害、三大疾病のいずれかになった場合に保険金が支払われます。

それによって以降の返済額が「0円」になります。三大疾病による保険金の支払条件は下記のとおりです。

  • がん:悪性新生物(がん)に疾患したと診断確定されたとき
  • 脳卒中:脳卒中を発病して60日以上に渡り言語障害・運動失調等が継続したと診断されたとき、もしくは病院または診療所で手術を受けたとき
  • 急性心筋梗塞:急性心筋梗塞を発病して60日以上に渡り労働制限が継続したと診断されたとき、もしくは病院または診療所において手術を受けたとき

なお、3大疾病保障特約をつける場合にはでも、ソニー銀行が保険料を負担します。

団体信用生命保険(ワイド団信)

健康上の理由によって団体信用保証に加入できなかった場合でも、「ワイド団信」に加入できる可能性があります。

ワイド団信とは通常の団体信用保険よりも引受範囲を拡大した保険です。

したがって、健康上に何かしらの不利がある人でも団体信用保険に加入できるかもしれません。

お問い合わせ方法

ソニー銀行の住宅ローンが気になる際には、下記の方法で相談することが可能です。

  • ローン専用ダイヤル
  • 住宅ローンプラザ
  • 銀行代理業者窓口

ローン専用ダイヤル

ソニー銀行ではローン専用窓口を設置しており、平日9時~20時、土日祝日9時~17時まで電話口での相談を受け付けています。

携帯電話やPHSからも電話が可能なので、近くにローンプラザや代理業者がない場合に利用するといいでしょう。

住宅ローンプラザ

ソニー銀行は専用窓口として「住宅ローンプラザ」を構えています。平日11時~20時、土日祝日が9時~17時半まで受付をしています。

対面で相談したい場合には専用窓口を利用するのも良いかもしれません。なお、現在、住宅ローンプラザは東京駅に1店舗だけあります。

銀行代理業者窓口

ソニー銀行の住宅ローンの相談窓口として「銀行代理業者」を利用することも可能です。ソニー銀行の代理業者は下記の5つがあります。

  • ソニー生命保険株式会社
  • ブロードマインド株式会社
  • 株式会社セブン銀行
  • スターツ証券株式会社
  • 東急保険コンサルティング株式会社

 

公式サイトはこちら

 

『変動セレクト住宅ローン』新規借入・借り換え両方対応

住宅ローン借り換え

  • 低い変動金利での借入ができる
  • 保証会社を利用しないで契約できる
  • 途中で固定金利に変更もできる
  • 借入種別:新規・借換
  • 融資額:500万円~1億円以下(10万円単位)
  • 融資単位:1ヶ月単位で1年~35年以下

申込み条件

用途
  • 新築物件や中古マンションの購入資金
  • 上記にかかる事務手数料
  • 他行・他社の住宅ローンの借換資金
年齢

申込時点に満20歳以上満65歳未満で、最終返済時に満80歳未満の方

収入

【給与所得者】
前年度の年収が400万円以上ある方

【法人役員、自営者】
前年度の申告所得が400万円以上ある方

地域制限

日本国内の市街化区域に住んでいる方に限られます。市街地調整区域や離島に住む方は申込みができません

その他

変動セレクト住宅ローンを契約するには下記の3つを満たす必要があります。

  • 日本国籍、または永住権がある方
  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方
  • ソニー銀行指定の団体信用生命保険に加入できる方

担保と保証人

ソニー銀行が融資対象となる物件(土地・建物)に対して、第一順位の抵当権を設定します。

この担保物件は、ソニー銀行の基準によって評価されます。なお、原則として保証人は必要ありません

変動セレクト住宅ローン契約時には火災保険に加入する必要があります。火災保険の保険料は契約者が負担します。

保証料

保証会社を利用しないため保証料は必要ありません。

事務手数料

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローン契約時には下記のような事務手数料が発生します。

取扱手数料 1件につき借入金額×2.16%
繰上返済手数料 0円
金利変更手数料 0円~所定料金
約定返済日変更料 1回につき税込540円
住宅ローンとの違いは「取扱手数料」にあります。

金利

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンには変動金利型と固定金利型の2つの金利タイプが用意されています。

また、返済方式は元利均等返済方法か、増額返済でも返済可能です。

約定返済日は2日、7日、12日、17日、22日、27日のいずれかに設定できます。

また増額返済月は6月・12月、7月・1月、8月・2月の3つから選択可能です。

なお、ソニー銀行とその他のローンを契約している場合には、その日が返済日になるので注意をしてください。

変動金利型

変動セレクト住宅ローンを契約した場合は、新規契約時点では必ず変動金利型を選ばなければなりません。新規契約時点での適用金利は毎月見直しがされます。

また、借入期間中には毎年2回(5月、11月)適用金利の見直しをする決まりになっています。この変更による返済額の上限はありません。

固定金利への変更はできる?

変動金利型から固定金利型の変更は可能です。金利タイプを変更すると、翌日から適用されることになります。なお、変動金利型からの変更に当たっては手数料が発生しません。

固定金利型

変動セレクト住宅ローンの新規契約時には固定金利型を選択することはできません。

したがって、契約期間中に金利タイプを変更することで固定金利を選べるようになります。

固定期間は2年、3年、5年、10年、15年、20年、全期間から選べます。固定金利型を選択するとその期間中は金利が一定になります。

住宅ローンと変動セレクト住宅ローンのポイントまとめ

ソニー銀行で提供されている住宅ローンと、変動セレクト住宅ローンについて見てきました。ここでそれぞれのポイントをまとめておきます。

  • 取扱手数料を安くしたい人は「住宅ローン」がオススメです。
  • 変動金利を低くしたい人は「変動セレクト住宅ローン」がオススメです。

2つのプランの中で大きく異なる点は「取扱手数料」と「変動金利」の利率です。将来的な返済額にも影響が出るため、慎重に検討したい所です。

みんなはどちらを選んでる?

なお、ソニー銀行の統計を見ると、借換借入時には「住宅ローン」が人気で、新規借入時には「変動セレクト住宅ローン」が人気になっています。また年々、変動金利タイプが人気になってきているのも特徴です。

もし住宅ローンにしようか、変動セレクト住宅ローンにしようか迷っているのであれば参考にするといいかもしれません。

住宅ローン付随サービス

ソニー銀行では住宅ローン契約者に向けて下記のようなサービスを提供しています。

  • 住宅ローンシミュレーション:住宅ローンや諸費用の返済シミュレーションができます。
  • 繰上返済手数料0円:一部・全部を問わず繰上返済時には手数料が0円です。
  • 繰上返済は1万円から利用できます。効率的に住宅ローンの返済をするといいでしょう。
  • 保証料・団体信用生命保険料0円:他行・他社では費用が発生しますが、ソニー銀行では無料になっています。
  • 金利タイプ変更自由:インターネット上でいつでも金利タイプを変更できます。
  • 半月前の金利発表:金利発表が半月前なので、金利タイプの変更がしやすいです。

ソニー銀行その他のローン

ソニー銀行カードローン@金利と審査の特徴